データ復旧・データ消去技能者の個人ブログ

HAYATO.NET

プライベート 仕事

iPad2(iPhone)によるJPEG Exif情報(GPS)について

更新日:

気になるマークを見た。

私は写真アルバム整理用にGoogle社のPicasaを使っているのだが、PicasaはJPEG Exif情報内のGPS情報が記述されている際、Picasa上で「場所」を表示する事ができる。場所のマークが存在している場合に表示されるのが上のマーク。

そんな所から今回のネタを投稿してみる。

iPad2 にある位置情報サービスの設定

[カメラ]の位置情報サービスをオフにしておけば、GPS情報をJPEGには取りこまない。

ただし、[FaceBook]上で上記の位置情報をオンにしている場合、FaceBookアプリでカメラアップロードを利用するとGPS情報が取り込まれる。位置情報サービスの[カメラ]が指しているのはiPadのカメラ機能についての変更ではなく、[カメラ]と言うアプリケーションの設定を変えると言う意味だった。

実際に上記オンの設定でFaceBookアプリで撮影したデータをiPad2から引き抜きPicasaで表示をしてみた。

GPS緯度と経度情報がしっかり残っている。

そこで、FaceBookのiアプリを利用しWEB上のFaceBookに投稿をしてみた。

FaceBook上に表示された写真にはExif記述がなくなっていたのでひとまず安心した。

ではiPadのカメラ機能を使いブログを更新するとどうなるのか?

私のこのブログはWordPressを利用している。

WordPress上にiPad(位置情報サービス オン 時のFaceBook)で写真を取り込んだデータ。

生データをアップロードしているだけなので、もちろん Exif情報内のGPS情報はしっかり残されていた。

結論

今いる私の実家にピンポイントでGPSが指している訳ではなかった事がひとまず安心。今いる宮城県のとあるマンションの名前、GPSの高さ情報から求められる特定階数まではiPad2では今のところ検出が不可能だと言う事がわかった。

iPad2(iPhoneもだと思う)の位置情報サービスはプライバシーを考えるのであれば使わない事に限るが、FaceBookアプリで撮影した画像がPNGフォーマットになってしまうのも困りもの。

後記

確証たる内容ではまだないので、もう少し調べて、修正あらばこの記事を改定して行こうと思う。

追記

iPhoneのカメラでプライバシー情報ダダ漏れだった

スクリプト組める人にお勧め。WordPress内の画像からExifを取り除くスクリプトを公開されています。11/06/27 2:47

-プライベート, 仕事
-, , , , , , ,

Copyright© HAYATO.NET , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.