データ復旧・データ消去技能者の個人ブログ

HAYATO.NET

プライベート

Intel Rapid Storage Technology を試す。

更新日:

今回の様な技術ネタをとあるプライベートブログで公開してきたが、これからは表のブログにても掲載して行こうと思います。

データ復旧とは少し関係はないがデータ復旧技術者・研究者として普段からハードウェアを触ることは大切な事だと思ってます。

最近のマザーボードには昨今搭載されてきたRAID0、RAID1 に加えRAID5まで組めるオンボードタイプが安価に購入できる時代になりました。そんなオンボードソフトウェアの検証結果について。

はじめに

私の自宅では複数PCが立ち上がっており、そのPCの電気を少しでもこの時勢に貢献できるよう仮想OSを自宅で立てる事に決めたのが発端。

TeraStation × 1

DLNAとか家族のファイルサーバとして利用

LinkStation × 1

メインのTeraStationのバックアップ。その他ダイナミックDNS管理用として

メインPC Windows 7

テレビ録画用PC Windows Vista

試験用サーバCentOS 5.3

VPNルーティング、Apache、MySQL、Samba など

これら常時稼動しているPCをすべてメインPCへ仮想OS化するのが目的です。

RAID5を構築する

今回は自宅のメインPC(自作)にあるASUS 社のP6X58D-Eに搭載されているIntel Rapid Storage Technology の機能を使う。

2TBの格安バルクハードディスクを6台連結してRAID5を構築してみた。

チャンクサイズは 64KBがデフォルトだが、設定時に変更も行える。

Arrayの検証

Crystatl Disk Mark の結果はこちら。

書き込み速度が極端に遅い。

書き込み速度が遅い原因は以下だった。

【ライトバックキャッシュを有効化】する事

(引用:アレイの 1 つまたはすべてのボリュームでライトバック キャッシュを有効にすることにより、RAID または回復ボリュームの読み込み/書き込みのパフォーマンスを向上できます。この機能が有効になっている場合は、データが物理ディスクに書き込まれる前に、データをキャッシュメモリーに一時的に保管できます。複数の I/O 要求をともにグループ化して、パフォーマンスを向上できます。デフォルトでは、ライトバック キャッシュは無効になります。)

ライトバックキャッシュ有効後の数値。書き込み速度が飛躍的に向上した。有効化する事でのデメリットは停電時などでデータを損失する可能性があると言う事。Intel社ではUPSの導入を推奨している。

何とか自宅に10TBのアレイを作り上げた。

後は仮想OSを少し研究していこう思う。

-プライベート
-, , , , ,

Copyright© HAYATO.NET , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.