データ復旧・データ消去技能者の個人ブログ

HAYATO.NET

仕事

ボランティア精神でハードディスクを抜き出す

更新日:

サービスとは思わず、被災地ではボランティアの心を忘れない様にしている。

ハードディスク持ち込んでもらえるから 開梱とかしなくて 診断に手間かからなくて良いね!

なんて思っている方。

違います。

はっきりいって 被災地のデータ復旧は通常の受付業務より過酷で大変です。

下記の様なPCを毎日数十台、僕たちは手を突っ込んでハードディスクを抜き出してます。

泥や砂、そして固形化した塩 がディスクマウンタやPCケースに入り込み、通常の力では開かない事もたびたび。

泥んこ遊びならまだしも、津波の汚泥って臭いんです。

例えば津波の被害にあった塩釜・多賀城などの周辺から持ち込まれるパソコンは油臭い。(石油コンビナートの火災の影響なのかな)

石巻は下水道のアレな臭い;;

被災地に来て覚えた特技は、

「塩釜あたりからお持ち込みですか?」

と聞くと、

「よくわかったね!」

とお客様に笑ってもらえるようになった。泥が油臭いので^^;

また いつも隣で解体している相沢が

「しゃちょ~ この泥 手袋してても 指がピリピリするんですよ~。」

まさか~と思いつつ、5台近くの泥がつまったパソコンからハードディスク抜き出しを二人で黙々やってみた。

確かに、、ピリピリする。。。

何でピリピリするのか考えない様にしてた。怖いんだもん。

爪の間はまっくろ。

先日石巻で津波で被災された病院の先生から一言。

「石巻の汚水処理場が決壊したから、傷口から雑菌入って化膿するから手はまめに洗った方がいいよ。」 と・・。

パソコン解体されている同業のデータ復旧会社様、パソコン修理会社様 必ずディスクを取りだす際は手袋をするようにおススメします!

おススメ手袋は、ラテックス手袋 とかで検索してみてください。

地元データ復旧会社 アドワースワークスさんは現地まで車を使い、ハードディスクを引き取りに行かれてたとの事。

現地の悲惨さを見てからのデータ復旧作業のプレッシャーは極度な物と察しています。

同業として尊敬をさせていただきました!

お互いに被災地の方へ貢献できるよう がんばりましょう!

-仕事
-, , ,

Copyright© HAYATO.NET , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.