データ復旧・データ消去技能者の個人ブログ

HAYATO.NET

未分類

技術のバランス。そして経営のバランス

更新日:

@仙台です。

昨日 仙台の地元でふらーっとソロで呑んできました。

そんなふらーっと飲んできた時に出会い、酒を酌み交わさせていただいたカウンター隣にいた建設会社の人の話。

注:呑んだ席だからこの企業体についての事実関係については確信が取れていない。
だけど、自分が学んだ事については改めて考えなければならないなと思ったからここに残す。

僕が生まれた宮城県沖地震。
ブロック塀が崩れて下敷きになった人がいたと言う話は小学校の頃から授業の一つとして学んできた。
下敷きになってしまった人を作った理由の一つは、ブロック塀に針金(太い鉄芯)が刺さっていなかったのが原因で下敷きになった人がいたそうな。

「芯が刺さっていなかった工事。それはまさに手抜き工事。」
その後 大事になって手抜き工事した会社は、多くが責任を求められてそしてその会社は無くなってしまったそうだ。

僕が感じたに、経営から見ると手抜きした方が粗利を取る事ができるが、粗利を取った事が原因で失う事が大きかった話だと思う。

続くこの話。

東北電力の女川原発。
とある人が土地の底上げを提案しそれを通した。
その頃でその人は変人扱いを受けたとの事。
底上げにはコストがかかるから経営の視点から見れば削るべき物。

対比して 福島原発は底下げして建設したとの事。

震災起きた後のこんな状況下あとあと問題になるのであれば、前者の方が正解。
だけど粗利を考えれば後者が正解。

譲れない芯があれば譲らない事が正解なんだなと。

経営の芯も大変だけど、安心して良い物を作ったと言う芯が最終的には優った瞬間と思った。

改めて経営者はバランスが必要とは良く言った物だと痛感した。

ボーナスは賞与と書く。
賞が認められる人間に与えられる物だと思う。
賞がなければ与えられない特別な物だと思う。

でも、与えられなければ、家の借り入れを期日通りそして契約通り返せない社員達が路頭に迷う人もいる。
賞与が悪いんじゃなくって、ボーナス払い(賞与)という契約ができたのも原因の一つじゃないのか?
と思った。
ゆとり返済みたいな物と一緒だ!

バランスだなぁ。経営も技術も芯のバランス。

僕は技術の芯寄りになってしまってる様な気もするな。

-未分類
-

Copyright© HAYATO.NET , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.