データ復旧・データ消去技能者の個人ブログ

HAYATO.NET

未分類

今年上半期うれしかった事?

更新日:

会社が順調?とかのネタはさておき うれしかったネタ。

一時期ほんとうに地獄を嫁と見ていた経営時期がありました。
どこの会社でもある人の問題。
(人の問題の定義ですが、自分の対応のやり方としての問題があったことを前提とします。)

自分がトップにいるから支えなければならない=会社での整備
と勘違いしてた時期がありました。

ま?そんな若い自分に対して若い連中で作り上げてた会社は人間関係から崩壊していきました。
つら?い日々を、お互い口に出さず堪えてきた嫁に感謝です!

そんな人間関係が悪くなり若いベンチャー企業が崩壊する手前の時一緒にやっていた彼はいなくなりました。

経営状態が悪化している事を自分が語らず、それを隠し続けていた自分がいたりして。
本音で戦うつもりでやってきたのに、会社を経営すると言う肝心なお金を自分は見ていなかった20歳の頃がありました。
株主から出資をもらっていた以上、そのお金の大切さをその頃には感じれなかった。
今は自己資金の会社だからそれが前提としての健全な経営ができてるとおもってます。

そんな危ない内部事情をとある日にばれて散会したわけで。
正義感の熱い人間同士でやってきました。
でもね、親から昔から言われてた言葉がその頃の自分にはありました。
「自分の財布の中身は人に見せてはいけない。」
今は完全に親の言葉否定してます。
財布の中身を見せてはいけない=自分の気持ちもどこか隠しているのだろう
ととらえられる自分が今います。

そんな自分から離れていった彼が、先日うちの会社に営業にきたそうです。
対応したのは嫁。(自分東京に滞在のため)
嫁から電話で話をもらった時とってもうれしかったです。

自分も今反省して学ぶ所があったのにその彼が就職してうちの会社に営業にきた。
うちの会社 小さな会社だけに
「何でうちと取引もないだろうと考えられる会社の名刺を持ってきたのかな?」
が一番の理由。
彼も何かかしらうちの会社で得たものがあったのでは?と期待しながら喜びました(*^_^*)

それが、今年の上半期うれしかった事ですね?

今でも自分の事を白い目で見ている人間がわんさかいると思う。
彼もその一人なのかな?と思ってた自分の気持ちを完全に覆されました。

もっと年をとって、20歳の頃の気持ちを酒を飲みながら話せるようになればいいな?と思ってます。

でも、今は会えません。
自分はまだ、充実を得てないからね^^

-未分類

Copyright© HAYATO.NET , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.